中型犬には中型犬用キウォフハートを!誤った投与が命取りに…

キウォフハートの入手方法

「キウォフハートの入手方法」のイメージピクチャーです。

キウォフハートは犬の体内にフィラリアの成虫がいる状態で投与できないため、最初の1回は通院しなければいけません。しかし、それ以降は通院する必要がないため、引き続きキウォフハートを投与する場合はネット購入してしまいましょう。

続きを読む

欲しい医薬品をネット注文

「欲しい医薬品をネット注文」のイメージピクチャーです。

個人輸入代行サイトが登場したことにより、誰でも気軽に欲しい医薬品をネット注文できるようになりました。個人輸入代行というサービス自体は違法性や危険性がないため、安心して利用していただけますよ。

続きを読む

判断ミスは命取り

「判断ミスは命取り」のイメージピクチャーです。

個人輸入代行サイトは便利なサービスなのですが、すべてにおいて判断するのはみなさん自身です。もし誤った利用によって不都合が起きてしまったとしても、それはすべてみなさんの自己責任になることを忘れないようにしましょう。

続きを読む

コンテンツ一覧

「コンテンツ一覧」のイメージピクチャーです。 「中型犬には中型犬用キウォフハートを!誤った投与が命取りに…」のコンテンツ一覧です。続きを読む

サイズに合った薬を投与

「サイズに合った薬を投与」のイメージピクチャーです。

小型犬と大型犬の良い部分を兼ね備えた中型犬。
室内でも飼いやすく、可愛さとたくましさの両方を持っていることから、中型犬を飼う人もたくさんいます。
ただ、中型犬を飼うからといって、基本的に何か犬の世話が変わるかと言われればそうでもありません。
もちろん与えるエサの量などは小型犬よりも増えるかもしれませんが、エサやりや散歩、毛並みの手入れなど、基本的な世話は変わりません。
しかし、世話の中にひとつ、犬種によるサイズ差で変わってくることがあります。
それが医薬品の用法用量です。

犬の病気として有名なもののひとつにフィラリア症というものがあります。
放置していると重度な症状を引き起こしてしまう危険があるほか、そのまま愛犬がフィラリアによって命を落としてしまうという最悪の結末も起こり得ます。
そうならないためにも、飼い主としてはキウォフハートのようなフィラリア予防薬を使って治療・予防してあげなければいけません。

ただ、みなさんが飼っているワンちゃんのサイズによって、投与するキウォフハートは変わります。
キウォフハートは小型犬用、中型犬用、大型犬用と種類が分かれており、含まれている成分量などが若干異なります。
各サイズの犬に効果が出る成分量で配合されているため、必ず愛犬の体重・サイズに合ったキウォフハートを投与してあげましょう。
もし誤ったキウォフハートを投与してしまうと、正しく駆除効果が発揮されない可能性があるほか、副作用などの悪影響が出てしまう危険もあるのです。